2006.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2006.09

お勧めHPのご紹介
自分で探したサイト、お友達に教えていただいたサイト・・。我が家で役に立ってくれているサイトをまとめてみました♪(スクロールしてみてね♪)

~MENU~

★遊んで学べる学習サイト★

★遊んで学べる科学のサイト★

★宇宙のことがよく分かる★

★ネットで調べよう★

★子どもと一緒にでかけよう★

★幼児教材探すならここ★

★ネットで絵本が読める&探せるサイト★

★英語の本が買えます★

★木のおもちゃを買うならここ★

★我が家のおすすめアイテム★

フリーエリア②ということは・・・
実は①もありましてそれは非表示にしてあります
HTMLのフリーエリア①の記述部分を探し
前後にある ★削除★ という列(2箇所)を削除することで
ご使用になれます。

見た目は私のブログのINFOMATIONのところを参考にしてみてください

①か②か無しかご自由にどうぞ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



これもmiraikanで買ってきた観察キット

ふしぎ!結晶の花が咲き始める!!
マジックツリー
マジック大好きの紗夢ちゃんが飛びついた

マジックツリー1
1時間後・・・・
マジックツリー2
4時間後
たくさん花が咲きすぎて、紗夢ちゃんと大笑い
亜琉くんは、結晶を落として遊びだした
手がピンクに・・・・
不思議でしょう~

じゃーーん!種明かし

「飽和水溶液」 「毛細管現象」を利用しているのでした

なぁ~んて、書いてあるとおりでぇ~す  熟読 

マジックツリーの液体には
結晶の材料となるものが溶けているのだそうです。
それが飽和水溶液に近い状態になっていて
液体が毛細管現象で吸い上げられ
枝の先まで来ると
次第に水分が蒸発して
溶けていた材料が結晶となって成長している・・・

なるほど~

<飽和水溶液とは?>
例えば、塩を水にいれて溶かしてみます。
少しずつ塩を溶かしながら入れていくと
ある時から塩は溶けなくなってきます。
このように、
液体が決まった量以上液体に溶けない状態
飽和状態」といい、
その時の液を「飽和水溶液」という。

<毛細管現象とは?>
水には物にくっつこうとする性質があり
細い管や隙間があると
水は中に入り込んでいこうとします。
この現象を「毛細管現象」という。

例えば、インクにティッシュのはしをつけると
インクがどんどん吸い上げられますよね
インクが、どんどんティッシュの隙間を
上ってくるからなんだそうです。

こんな楽しい実験でも
いろいろな現象や性質が利用されているんだなぁ~
・・・・妙に感心・・・・

ティッシュの実験は簡単にできそうなので
(マジックの先でもできるしね
また、やってみたいと思います

それから、亜琉くんが気に入って
おじいちゃんに買ってもらったものがもう一つ

トンボの目が体験できる、名づけて”トンボレンズ
(本当の名前は知りません・・・
        勝手につけて呼んでます

トンボやセミ、カマキリ等の昆虫は
頭の両側に、多くの個眼からなる複眼
額に3個の単眼をもっているそうですね。
でも、実際には脳で一つのものとして
認識されていると考えられているそうですが・・・・
(人間と同じなのかな・・・数が違うけど・・・

これでいろんなものを覗いては
ゲラゲラ笑う亜琉くん!
楽しそうなので、ママもこのレンズで亜琉くんをチェ~ック
「わぁ~!!亜琉くんがいっぱぁ~い!!」
私も一緒にゲラゲラ
なかなか楽しいです

さて、これは何でしょう
トンボレンズ

答えはこれ
20面体ダイス
20面体のさいころでしたぁ~

スポンサーサイト

テーマ=子育て・教育 - ジャンル=学校・教育



冥王星、太陽系惑星から除外されてしまいましたね。
TVのニュースを聞くたびに
紗夢ちゃんも真剣に聞いていました
3つ増えると盛り上がっていたのですが
1つ減って太陽系の惑星は8つに・・・。
でも、今回のことでより身近になったような気がします

以前、あひるさんに紹介していただいて
購入した本”ベッドのしたにはなにがある?

亜琉くんが「土の下ってなにがあるの?」と聞いたので
思わず買ってしまった本です。
ベッドのしたにはなにがある? ベッドのしたにはなにがある?
マイク マニング、ブライタ グランストローム 他 (1999/01)
評論社

この商品の詳細を見る


今回は、これと同じシリーズの
空のうえにはなにがある?」を購入しました
空のうえにはなにがある?―ふしぎだな?知らないこといっぱい 空のうえにはなにがある?―ふしぎだな?知らないこといっぱい
マイク マニング、ブライタ グランストローム 他 (2000/05)
評論社

この商品の詳細を見る

うえのほうにはなにがあるの?と始まるこの絵本。
どんどん高いところへ行ってみます。
木・おしろ・超高層ビル・エベレスト・・・・
でも、もっと高いところには
月があって太陽があって星がある!
宇宙までも行ってしまうこの絵本は、
スケールが大きいです(^^)

これは図書館で借りた絵本で、
亜琉くんがとっても気に入ったので購入しました
作者は違うのですが
やっぱり「ふしぎだな?知らないことがいっぱい」のシリーズで
チーターよりはやくはしるのはだあれ?―ふしぎだな?知らないこといっぱい チーターよりはやくはしるのはだあれ?―ふしぎだな?知らないこといっぱい
ロバート・E. ウェルズ (1999/03)
評論社

この商品の詳細を見る

この絵本では、速さをくらべっこ

どんどん速いものがでてきて、
亜琉くんは興味津々
ダチョウの速さにも、チーターの速さにも
ハヤブサの速さにも驚くけれど
隕石までいったあと、
やっぱり一番速いのは、
きみが毎日のように見てるもの・・・・”光
というところが、妙に気に入って
「光は速いんだぁ~」と妙に感心していました。

最後のページに速さ比べの表があるのですが
「僕もつくる ママ線書いて!」
というので、腺を書いてあげたら
自分で書いてました

速さくらべ

大好きな懐中電灯の光が1番速い
これはとっても嬉しかったみたいです~。
ちなみに
1番上の表に書かれているのは鈴虫

そうなんです
先日、母の友人からたっくさんの鈴虫をいただいたので
家の中は鈴虫の心地よい鳴き声が響き渡っています
隣で、かぶとむしくわがたがガサガサしてますけど・・・

スズムシ

カブトムシ
これはもらったのですが、
メスのカブトムシは、ばあばが朝の散歩で見つけたものです
じいじとばあばが、子供たちのために
一生懸命虫たちの家を準備してくれました
ありがとう~

テーマ=子育て・教育 - ジャンル=学校・教育



噴水・渦の実験☆

以前から、TORNADO TUBE を探してたのですが
先日、miraikanの売店で見つけました~
ついでに ”ファウンテンキット”も
ラッキー

早速家に帰って、ペットボトルを4個用意し
(普段飲まない炭酸飲料を一生懸命飲みましたぁ~

まずは、ファウンテン

ファウンテン1

ファウンテン2

絵の具で色をつけた水を3/4程ペットボトルにいれ
ストローのついたコネクターをつけて
上にもう1つのペットボトルをつければできあがり
コネクターさえ手に入ればとっても簡単

<噴水の原理>(以下引用です)
  
  ボトルを逆さまにすると
  重力が働き上のボトルにある水を
  下側に差し込んであるストローチューブを通して
  下のボトルへ引っ張りおろし
  その水で下のボトル内の空気を圧縮します。

  水が下に落ちたあとの上のボトルの中の気圧は下がり
  部分的に真空状態ができます。
  すると、下のボトルの中の空気は
  上に吸い上げられます。
  空気は上にあった水がなくなった場所を埋めようと上がってくる。
  流れ込んでいく水は
  下から吸い上げられてくる空気の力に押されて
  上にう吹き上げられてくる


亜琉くんが、興味津々
下から覗いてみたり、
「どうしてもう一つの穴(ストローがないほう)から
 水が出ないの?」と聞いてきたり、
とっても面白いらしくて、
何度も何度もくりかえし逆さまにして遊んでます

次に、TORNADO

渦1

渦2

渦3

これも、子供たちは大喜び


紗夢ちゃんも、
「みてぇ~!!下のほうに来たら、渦が大きくなったぁ~!」
と嬉しそう

亜琉くんはいろんな角度から観察します
「なんで細くなって水が落ちるのに
 下(のペットボトル)では広がってるの~??」
 「わぁ~!!真ん中に穴が開いてるぅ~!!」
などと言いながら、これまた何度も見ています

<渦巻きがおこるしくみ> (以下引用です)
そこにあいた穴や割れ目を通って落ちていく液体は
重力に引っ張られて落ちるのですが
その落下運動に回転が加わって
集中した運動エネルギーに転換されます
中心部に近づけば近づくほど
激しい高速回転運動が発生します


面白い実験ができて、大満足です
子ども達も不思議がいっぱいあったかな~

今回は、miraikanで買ったキットですが
日本語訳には”THE SUTDY ROOM”とあります。
実は、たまに下北沢のお店に行くのですが
(おもしろいものがたくさんあります
そこのホームページも御紹介します。
紗夢ちゃんは、このお店が大好きです

THE SUTDY ROOM

テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育



海、楽しかったね♪

家族で海に行ってきました~
私たち家族と、私の両親、私の妹家族の
大人6人、子供4人、合計10人!!
このメンバーで3回目の海です

いつまでも仲良くみんなでいけるといいなぁ~

紗夢ちゃんは、ゴーグルをつけて素潜りしてばかり・・・
亜琉くんはうきわで立ち泳ぎ
(ピョコピョコ動く足がおもしろい!)

今年の夏は私も思いっきり楽しみました
日焼け止めバッチリ塗って、帽子もかぶったのに・・・・
みんなに顔が黒くなったと言われ・・・かなりやばい

じいじが帽子ですくったふぐ
(帽子ですくえるって事は少し弱っていたのかな??)
みんなで見てから、海に返してあげました

フグ


なんと!!ヤドカリも見つけてしまった!!

海で見つけたヤドカリ

かわいいお家を持っていましたよ
ヤドカリくんは、しばらく観察されて
海へ帰ってゆきました~

砂で大きな穴を掘っていると
中から海水が出てきました
温かいので、天然の海水温泉みたいでしたよ

2日間しっかり海で遊んで、家に帰りました

さて次の日は、近所の花火大会へ
紗夢ちゃんがヒップホップダンスを踊ったあと
隣で始まった”和太鼓”のライブを見てから
花火を見るため、堤防のほうへ・・・

すぐ近くで見たので、打ち上げた花火のかけらが
いっぱい降ってきました~
花火1

花火2

真近でみる花火は迫力満点です
マルの中に☆があったり、蝶のような花火もあったりで
子供たちも大喜びしていました

楽しかったね

テーマ=夏休み日記 - ジャンル=日記



船の科学館☆

今度は 船の科学館 

ここでもつくりましたよ~
フェルトのアシカ・・・
フェルトのアシカ
真っ赤なフェルト・・・アシカに見えました??
紗夢ちゃん、工作に燃えてます

型紙があって、パーツごとにフェルトを切って
縫っていきます。
綿を詰めて出来上がり

紗夢ちゃんは、がんばって型紙を使って
フェルトに線をひき、パーツを切ってました。
縫い始めたのはいいのですが、
時間がかかるかかる・・・・
これでは館内を見学する時間がなくなるわ~
ということで、途中でママとバトンタッチ

ママは寝てしまった亜琉くんの横で
チクチク・・・・(手縫いならまかせて

紗夢ちゃんはパパと見学に行きました~。

チクチクしながら、
ママは子供用の「南極体験教室」という冊子を熟読

戻ってきた紗夢ちゃん
パパと色々見学してきたようです。
「どうだった?」と聞くと
「潜水艦が面白かった!」といってました。

それから冊子を見せて
「みてみてぇ~!!”冬のころがる太陽”だって!!」
「ほらっ!オーロラ!きれいだねぇ~いつか見たいね!」
「南極では、隕石がいっぱい見つかるんだって!
 月の隕石!火星の隕石!火星と木星の間にある小惑星帯の隕石!
 面白いね~!!」
といいながら、一緒に読んでみました。

オーロラがなぜ見えるのかは、少し難しかったようなので
なにか観察キットでもさがしてみようかな~。

”南極では熱いお茶から湯気が立たない。”
”夕焼けは「チリ」がつくる”

これも面白かったようです。
私も思わずそうなんだぁ~と感心してしまいました。

お湯から蒸発した気体の水蒸気は目に見えない。
湯気は、水蒸気が空気中の小さなチリにくっつくように集まり
水滴に戻るので見える
南極では、湯気になるための空気中のチリが少ないんだよ


なるほど~

夕焼けは、波長の短い青の光は遠くまで進めず
波長の長い赤い光は遠くまで届く。
朝や夕方には、斜めからさす光は長く大気を通る。
チリにぶつかって光が見える・・・


なるほど~

そうそう!この冊子を読みながら
紗夢ちゃんがパパッとつくったのがこれ

フェルト工作

亜琉くんが寝てしまったおかげで
船の科学館で、
ゆっくり縫い物をしてしまった私っていったい・・・・

テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育



科学技術館☆

miraikanに続き、
科学館めぐりをした今年のお盆休み。
今度は科学技術館
    船の科学館に行ってきました

科学技術館はこれで2回目
紗夢ちゃんは、
前回コースターの絵付けをしたことを覚えていて
入館する前から「なにか作る!!」

というわけで、まず始めにイベントホールで
”アンモナイトと三葉虫”をつくりました~

三葉虫
 これは亜琉くんの三葉虫!
 紗夢ちゃんのアンモナイトが見当たらない!!
 どこへしまいこんだのか・・・・

プラスチック(?)のスティックをお湯で温めて
柔らかくして型にはめてつくりました。
残ったものを丸めてスーパーボールをつくりましたが
こっちのほうが喜んでた・・・

それからコップにも絵を描きました

コップ絵付け
 これは亜琉くんが描いたもの(星と文字はママ!)
 紗夢ちゃんは思いっきり名前を入れてあったので
 今回は紹介できませんが、
 大きなリボンのかわいいコップができました

まず紙に下書きをして
それを元に、コップに解けたゴムと爪楊枝で絵を描きます。
まわりに細かい傷をつけてもらって
ゴムをはがせば・・・完成

紗夢ちゃん、2つも作って満足したようで、
(本当はもっと何か作る!とずっと言ってましたが・・・)

やっと館内を見てまわりました。

今日も人が多くて、”わくわくプログラム”には参加できず・・
一つだけ参加できたのは”燃焼実験
コーラの缶の下に小さな穴を開けたものに
メチルアルコールを数滴入れて、紙コップをかぶせ暖めます。
ガスがたまったところで、チャッカマンを近づけると・・・・

ぼんっ!!!

大きな音がして、紙コップが吹っ飛びます
かなり印象が強かったらしく
家に帰っても、
亜琉くんはボトルに紙コップをかぶせてました~!!
(自分で缶を振って紙コップを飛ばしてました・・・・)

それから、
実空間とバーチャル空間をリアルタイムで融合
と言うコーナーにも行ってきました。
ひまわりを持っていると
蝶々がたくさん集まってきてくれます

バーチャルひまわり
ひまわりにセンサーがついてて、
そこに蝶々が集まるように命令を送っているそうです。
亜琉くんは「わぁ~!!」と言いながら
ゆっくりひまわりを動かしていました。

「ファーブルと昆虫の世界展」の
南国の蝶を中心に昆虫を放し飼いにしている
”生態展示ゾーン”もあったのですが
長蛇の列だったのであきらめました・・・・
(あきらめの早い家族です・・・)
やっぱり午後からのんびり出かけてちゃ駄目ですね

長くなったので、船の科学館はまた次回にします~!!


亜琉くんの今日の一言

ばぁば「亜琉くん、じいばあと一緒に寝る??」
亜琉 「うーーん、じいじ・ばあばは好きだけど、ママと寝る!」

なかなか世渡り上手な亜琉くんでした

テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育



miraikan♪

ふたたび日本科学未来館に行ってきました

今回の目的は
MEGASTAR-Ⅱ
特別企画展 もえる森 とける大地「マンモスからの警告」展

さすがにお盆休みだけあって
10時前に行ったのに長蛇の列・・・・
恐るべし日本の長期休日・・・
すぐに6Fへ向かい、何とか4時からの入館券をget 

安心したところで、ゆっくり館内を見てまわりました

亜琉くんが最初に行きたがったのは
スーパーカミオカンデ
前回見て、とっても面白かったらしいです。
これは、宇宙のはるか彼方や太陽の中心部で発生した
ニュートリノを観測する装置で
ここで、大声を出したり手をたたいたりすると
青い光がみえるので、子供たちは大喜び

スーパーカミオカンデ

宇宙って不思議ですね

詳しくは、宇宙ニュートリノ観測情報センター

それからもえる森 とける大地「マンモスからの警告」展
へ行きました。
地球温暖化により、
崩れ落ちる永久凍土の中から現れた”マンモス”。
冷凍マンモスの実物は、何かを語りかけているようでした。

マンモスがなぜ絶滅したか?
4つの仮説(気候変動説・狩猟説・病原体説・複合説)が
あるそうです。
マンモスからの警告」とは何か?
私たちも、これからの地球について
考えなければ・・・と思いました。

そうそう!アシモの実演も見ましたよ
子供たちが喜んだので
おじいちゃんが、1/8 アシモを買ってくれました

ASIMO


やっと時間になり、
MEGASTAR-Ⅱ cosmos 暗やみの色
をみることができました~。
500万個の恒星を映し出す最先端のプラネタリウム。
やっぱりきれいでした~
私たちの目に見えない波長の光
(電波・赤外線・X線・ガンマー線など)
天文学者たちは、宇宙の見えないものを見るために
あらゆる手法を駆使していること。
でも、どうしても見えないものがあること。
それはブラックホールなのですが・・・・。

たくさんの星に囲まれて
すばらしい暗やみの中の色を見ることができました


おまけ
サーモグラフィで登場の紗夢ちゃん、亜琉くん、はじめまして
サーモグラフィー



昨日の新聞に、太陽系惑星が3個増えて
12個になった記事がありました。
早速紗夢ちゃんに教えましたが
「えーっ!じゃあ”水金地火木土天海冥”じゃなくなるの~??」と
興味深そうでした
ではどうなるのか???
水金地火セレス木土天海冥カロン2003UB313!!」
と唱え、ゲラゲラ笑ってしまいました
一緒に新しい日本名まで考えちゃいました
自然をテーマに、風王星とか砂王星!!
生き物をテーマに、蝉王星!!あはははっ~
ここでもゲラゲラ
楽しみがまた増えました

テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育



先日、公園に遊びに行った時に
卵で工作をする教室があったので参加してきました

空の卵の中にポプリをいれ
そのまわりに、ボンドで布をつけていきます。
それからフェルトで耳を
黒いビーズで目を
リボンに麻紐をつけたしっぽを
つけてできあがり

アニマルポプリ

亜琉くん、とっても喜んで
いつも一緒 寝るときも一緒
材料が卵だけに、内心ハラハラのママです
お部屋にポプリのいい香り・・・と思っていたのに
亜琉くんと一緒に香りが移動してゆきます~

簡単なので、お家でもできそうです
卵が楕円なので、布はぎざぎざばさみで
小さめの三角に切って張り合わせていくのがコツです
中身はポプリじゃなくても
何か音がするものでも良いかもしれませんね
我が家でも卵の準備ができています。
またお家でもつくりたいと思います

子供たちをつれて、人形浄瑠璃を見に行ってきました
3人で1体の人形を動かすのですが
動作にあわせての細かな顔の動きなども
とってもおもしろかったです。
子供たちはと言うと・・・・
題目が「傾城阿波の鳴門」でしたので、
”にほんごであそぼ”で聞き覚えのあるフレーズがあり
「ととさま、かかさまにあ~い~たぁ~い~」
の部分を口ずさんだりして
それなりに楽しんでいました



               

今日の夕方から1週間おでかけしてきます
夏休みも後半にはいりましたね!
みなさんも楽しい夏休みをお過ごしください

テーマ=子育て・教育 - ジャンル=学校・教育



ことば絵本と地球探検

紗夢ちゃんの夏休みの自分の目標は
読書をする” です。
そのため、忙しい毎日でありながら
家にある本を読んだり、図書館の本を読んだりしています

図書館で借りてきた本で、面白かったのが
えんにち奇想天外
えんにち奇想天外 えんにち奇想天外
斎藤 孝、つちだ のぶこ 他 (2004/06)
ほるぷ出版

この商品の詳細を見る

この絵本、四字熟語がたくさんでてきます。
子供たちがおじいちゃんと、意気投合して
縁日に出かけ、
子供が「おじいちゃん おめん ほしい!」といえば
おじいちゃんが「取捨選択じゃぞ!」
悩んでいると他の子が「優柔不断だなぁ~」と言います。

そんな感じで縁日を楽しみながら
29の四字熟語を学ぶことができます
これは、手元に欲しいかも


以前から少しずつ借りている
かこさとしさんの”自然のしくみ・地球のちからえほん”シリーズから
今回借りてきたのは、「せかいあちこちちきゅうたんけん
せかいあちこち ちきゅうたんけん せかいあちこち ちきゅうたんけん
かこ さとし (2005/08)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る

ユーラシア大陸・北アメリカ大陸・・・など
大陸ごとに説明があります。
大陸ができたしくみや、特徴などが書かれていて
私も勉強になりました

今NHKでシリーズで放送している”プラネットアース
これをみていて、地球の不思議、自然の不思議、生き物の不思議
に感動しました
本当に地球にはさまざまなドラマがあり
生き物はこの地球の上で生きていくために
色々な智恵を働かせていること。
紗夢ちゃんも真剣にみています


我が家の庭にはいろんな虫がいます
おにやんまやアゲハチョウに混じって
たまにハグロトンボを見かけます。
黒くて本当にきれいなんですよ~
いつも写真が撮れないので
今回は、力尽きてしまったハグロトンボですが
見つけたので思わず写真を撮ってしまいました

ハグロトンボ


それからお友達にいただいた シロバナ月見草
シロバナ月見草

なんでも聞くところによると、
夜7時頃から2時間くらいしか咲かなくて
一度開いて閉じたらピンクに変わってしまう・・・・。
”幻の花”と言われているお花だそうです!
実は以前、今晩咲きそう!という花ををいただいて
鉢に植え替えたのです。
その晩、8時頃外に見に行った時にはまだつぼみだったので
「今夜は咲かないのかな?」と思ってそのまま寝てしまいました
しかし!!朝にはピンクに変わっていました~

その話をしたら、「じゃぁ、今度咲いたら持っていくね!」と
言ってくれて、お花を届けてくれました
ありがとう~

来年は種をいただいて
ぜひ我が家の庭でも育ててみたいと思います

テーマ=子育て・教育 - ジャンル=学校・教育



Swimmy♪

紗夢ちゃんの小学校2年生の教科書に
スイミー”があります。
有名なお話ですよね

内容をより深めて理解するということで
当時は毎日家で音読していました。
そのうちに、全部覚えて暗唱できるようになりました

今回は、暗唱できるまでになった”スイミー”
原作では、どのような表現がされているのだろう

 にじ色のゼリーのようなくらげ。
 水中ブルドーザーのようなイセエビ。
 ドロップみたいな岩から生えている、こんぶやわかめの林。
 うなぎ。
 顔を見るころには、尻尾を忘れているほど長い。
 風にゆれるもも色のやしの木みたいないそぎんちゃく。


すばらしい表現のこの部分は・・・。

というわけで、買いました

Swimmy (Knopf Children's Paperbacks) Swimmy (Knopf Children's Paperbacks)
Leo Lionni (1992/12)
Alfred a Knopf
この商品の詳細を見る

内容を知っているだけに、
この英文が何を言ってるのかわかったし、
英語ではこんな表現だったんだぁ~と思ったようです
教科書では省かれているページもたくさんあって
「そうなんだよ~くらげやうなぎの絵も見たかったんだぁ~」
と喜んでくれました
教科書を出してきて、見比べたりしていました

     

先日、紗夢ちゃんの先生がイギリスに帰ってしまい
その前に、”お別れピクニック”をしました
ゲームをしたりかくれんぼをしたりして
たくさん遊びました!
紗夢ちゃんも亜琉くんも先生に肩車をしてもらったりして
楽しいときをすごしました

紗夢ちゃんはアイロンビーズで
自分と亜琉くんの顔に見立ててつくったものを作って
プレゼントしました

アイロンビーズ


私からのプレゼントは
以前ブログでも紹介したこれ
小学生のまんが慣用句辞典 小学生のまんが慣用句辞典
金田一 秀穂 (2005/11)
学習研究社

この商品の詳細を見る

先生は、イギリスの大学院に戻って勉強し
高校の先生になるのだそうです。
せっかく日本に来たのだから
Japanese idiom も勉強してほしいという
願いからです

きっとすばらしい先生になることでしょうね。
I wish you good luck !
I'm looking forward to seeing you again !

テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育



まいにちがたからもの
8月号が届いているので、
亜琉くん遊んでいました

1番のお気に入りは、なんといっても花火の作成
絵柄のパターンと打ち上げのパターンが選べて
自分で花火を作ることができます

おーちゃん8月花火1
 ひゅるるる~ 
おーちゃん8月花火2
 ど~~ん

これがとっても面白いらしく、何パターンも作っては
一つWEBギャラリーに送ったりしていました
絵柄も串団子だったり、かさだったりするので
ゲラゲラ笑いながらつくっていましたよ

マッチングゲームも楽しいみたいです
おおーーよく覚えてたねぇ~というものから
おいおい、何度もでてるよ~というのもあったりですが
おーちゃんと対戦しながら
楽しくやってました
でも負けてしまうと・・・・・
「もう!違うのやる!」と怒ってましたけど・・・

かずカードdeマッチングゲームもしました
数字と量、記憶のゲームが一度にできるし、
紗夢ちゃんもいれて盛り上がりました

おーちゃんカードdeマッチング


くれよんわあくでは

くれよんわあく8月

あひるとひよこ、どちらが多いかな?」というような
数のわあくで、亜琉くんは
あひるを数え、ひよこを数え、「おなじぃ~!!」
といってました
このあと、色を塗りました

7月号のくれよんわあくは、法則ありの迷路だったので
これも大喜びしてやってくれました
くれよんわあく7月
”を通ってミーノちゃんのところまで行くのですが・・・
あとから、わざわざ違っている””にをつけてくれました

今月の歌はHey Diddle Diddle
私も亜琉くんも紗夢ちゃんも大好きな歌です~
一緒に歌ったりして楽しみました

まいにちがたからものでは
英語・フランス語・中国語を話す猫ちゃんもでてきます。
言語の習得を目的としているのではなく
世界にはさまざまな言語があり、
さまざまな生活があるということを知ってもらうためだと
冊子に書いてありました。

私が田舎育ちで、情報の少なさを痛感していましたので、
(今でもアンテナを張り巡らしていないと・・・
子供たちには、ぜひ広い視野を持って欲しいと思います

テーマ=子育て・教育 - ジャンル=学校・教育



いつも行く理科実験教室の夏季特別講座
ゲルマニウムラジオを作ろう!” に、
子供たちと参加してきました

紗夢ちゃんたら”ゲルマニウム”と聞いて

プチプチ プチプチ プチシルマ~
と歌っていました・・・

まず周波数の波を見せてもらいました。
電波も波のように空中を伝わるということを教えてもらい
今たくさんの電波が飛んでいるのですが
テレビやラジオ、携帯電話などの電波がなぜ混ざり合わないか、
それは、法律で決められたそれぞれ違う「周波数」を
使っているからなんだという説明を聞きました。

それからゲルマニウムラジオ作りが始まりました。

まず、コイルを巻くのですが
ママはもちろん上手に巻けたのですが
紗夢ちゃんは苦労してました
コイルなんて、巻いたことがないのですから・・・・。
でも頑張ってました
一生懸命やり方を教わりながら巻いてましたよ

それから”ゲルマニウムダイオード”、”アンテナ線”
”バリコン”との結線(←これはハンダ付けしました)

亜琉くんは、ハンダの方に興味津々だったりして・・・

そして完成
ゲルマニウムラジオ

早速アンテナ線をつないでイヤホンを耳に当てると・・・
おおーー
子供たちも「わぁ~聞こえたぁ~!なんかしゃべってる~
と盛り上がっていました

今回の夏季特別講座の資料の最初に
こんなことが書かれていました(以下引用)

私たちの身の回りには不思議なことがいっぱいあります。
しかし、あまりにあたりまえすぎるので
それに気がつかないでいます。
・・・
でも、考えてみてください。
・・・・
これらのものは、みなさんが生まれるずっと前に、
世界のどこかに暮らしたの誰かさんが
発明してくれたものなのです。
・・・・
ふしぎの心を大切に。



テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育





おはなし絵本クラブ
*英語の好きな子供とママのリング*
[ もどる ][ 次へ ]
[ ランダムで移動 ][ リストを表示 ]
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。