2007.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2007.09

お勧めHPのご紹介
自分で探したサイト、お友達に教えていただいたサイト・・。我が家で役に立ってくれているサイトをまとめてみました♪(スクロールしてみてね♪)

~MENU~

★遊んで学べる学習サイト★

★遊んで学べる科学のサイト★

★宇宙のことがよく分かる★

★ネットで調べよう★

★子どもと一緒にでかけよう★

★幼児教材探すならここ★

★ネットで絵本が読める&探せるサイト★

★英語の本が買えます★

★木のおもちゃを買うならここ★

★我が家のおすすめアイテム★

フリーエリア②ということは・・・
実は①もありましてそれは非表示にしてあります
HTMLのフリーエリア①の記述部分を探し
前後にある ★削除★ という列(2箇所)を削除することで
ご使用になれます。

見た目は私のブログのINFOMATIONのところを参考にしてみてください

①か②か無しかご自由にどうぞ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



国立科学博物館☆

夏休みの体験企画第3弾

国立科学博物館に行ってきました
ここでの目的は
夏休みサイエンススクエア と
インカ・マヤ・アステカ展


国立科学博物館 公式ホームページ

サイエンススクエア
紗夢ちゃんは、2つのイベントに参加してきました。

「地球の中をのぞいてみよう!」
Q。地震はどうして起こるの?
ますはその説明を聞きます。

地下の岩石がこわれ、
その揺れが地面に伝わることで地震が起こること。
地震の揺れ(大きさ)は「震度」
岩石の破壊は 「マグニチュード」
「震源地の深さ」など
絵を見ながら学んでました

それから 2006年に日本周辺で起きた地震の
分布表と深さが分かる箱を作りました。

科学館地球の中
その数10104個
やっぱり日本は地震が多いんですね。


次に挑戦したのは
「はてな?なるほど!電気ゼミナール~フルーツ・木炭電池」

先日の工作マーケットでも
レモン電池を見ましたが
今回は最初から作ることができました。

物質の中には、水に溶けると電気を流すものがあり
これを「電解質」といいます。
身の回りのものでは
食塩水・アンモニア水・お酢・果汁など


紗夢ちゃんも、銅板と亜鉛板とリード線を使って
レモン電池を組み立てます。
見事!電気が流れて音楽が聞こえたら
お隣の子とつないで実験してました

科学館レモン電池

びっくりしたのが「木炭電池」
塩水に浸したキッチンペーパーを木炭に巻き
更にアルミはくをはって
レモンと同じように実験したら
なんと!電気が流れて音楽が聞こえたようです
お友達と一緒に4個の木炭をつないで
実験してました

科学館炭電池


とってもおもしろかったみたいです
さらにお土産に今日使った
銅板・亜鉛板・リード線に
新しい電子メロディーまでいただいて
いつでも家で実験できそうです
また時間を見つけてやってみたいと思います

紗夢ちゃんが実験している間
亜琉くんは何をしてたかというと・・・・・

レスキューロボットを動かしてました

科学館レスキューロボット
がんばれっ!未来のレスキュー隊

それからパパと何度も国立科学博物館の日本館へ行き
地震装置や縄文・弥生時代の生活などを
見学してたらしいです
すっごく盛り上がってたみたいです。

楽しめてよかった


それから次の目的である「インカ・マヤ・アステカ展」に
行きました。

インカ・マヤ・アステカ展 HP

ここでは、ただ見るより勉強になるだろうと
ジュニア版の音声ガイドを使用しました。

ただ見て回るだけより
いろいろな説明や時代の背景が聞けて
勉強になったみたいです。
それぞれの文明でガイド役が変わり
楽しめる内容だったみたい
私は必死でパネルを読んでましたが

音声ガイドは
マヤ文明・メソアメリカの歴史・アステカ文明
アンデスの歴史・インカ文明 
に分かれていたようです。

展示品はどれもすばらしかったです。
特に印象に残ったのは

マヤ文明のヒスイの仮面

アステカ文明のワシの戦士像
 ツォンパントリの頭蓋骨

 (生贄にされた人々のものだそうです。レプリカですが・・・)
 ミクトランテクトリ神像

インカ文明の服を着た大人のミイラ・こどものミイラ
 体内に供物のあるミイラ
 頭蓋穿孔跡(とうがいせんこうあと)のある頭蓋骨

 (手術をしていたんですね~!)

興味深くて不思議なものばかりでした。

いつか本物のマヤのピラミッドや
マチュピチュをみてみたいものです。


サイエンススクエアは毎年行っているようですね。
今年始めて知ったのですが
10時に着いて整理券をもらったら
すでに1時半のセミナーでした
9時10分から整理券を配っていたそうなので
参加できただけでもラッキーですね
来年はもっと気合を入れていこうと思います
スポンサーサイト

テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育



お盆休みの体験企画第2弾

「虹の下水道館」

「東京都水の科学館」
詳しく知りたい方はクリックしてくださいね

まずは有明にある「虹の下水道館」へ行きました。

最初にアニメシアターを見ました。
小学生の男の子の住む町。
以前は川の水が汚れていたけど
下水道ができてから、
汚い水が川に流れ込むことがなくなり
また川はきれいになって生き物が帰ってきた。

そこで下水道の働きを探るため
男の子は妖精たちと一緒に江戸時代へ・・・

そこでみたものは
豊かな森が水をきれいにして川へ返しているということ。
実は下水道の仕組みと同じであること。

現代では、森が少なくなり
町はすべて舗装され、水をきれいにすることができない。
だから、森の仕組みに習って
下水道ができたことを
この男の子と一緒に学んできました

そのあと展示物を見てから
歩いて次の目的地「水の科学館」へ向かいました

「水の科学館」では、
最初に”水の地下基地を探検しよう!<アクアツアー>”
に参加しました。
マスコットキャラクターのチャップくんと一緒に
「有明給水所」を探検してきました。

クイズに挑戦したり
水道局の方が毎晩行っている"水道管の水漏れチェック”の
装置を使って、実際にやってみたりしながら
地下3階にある、本物の給水装置を見学しました。
普段目にしたことがない部分で
おもしろかったです

それから<アクアプラネット>を見てから
<アクア・ラボラトリー>へ行きました。
ここでは、水に関する実験がいろいろできます

雨粒の形を観察してきました
水の科学館雨粒の形


水の科学館音の振動
左上にみえるところから声を出し
音の振動で水が動くのを観察しました


他にも人間が入れちゃうシャボン玉や
水の驚異的な力を間近で見られるウォータージェット
超音波と水の実験・・・などなど

水に関する実験がたくさんありました

虹の下水道館も水の科学館も
入館料は無料です
無料でこれだけ学べるとは・・・・
う~ん、今日も一日得したなぁ~

テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育



お盆休みの里帰り
今回はいろんな体験をしてきました
まず第1弾

Panasonic Centerで「エコなくらし」探検ツアー

パナソニックさんが取り組んでいる”エコ”を
子供たちがクイズをしながら探検するというものです。

第1問目は
Q「地球が暖まると氷が溶けて、海の水が増え、
  多くの陸地が沈んでしまいます。
  一番大きな原因となるガスはなんでしょう?」

紗夢ちゃん「 CO2 

”電気の量を減らせば CO2 が減る”
ということで
その後はPanasonicさんのCO2を減らすための
製品を見ながら説明を聞きます。

燃料電池コージェネレーションシステム
あまり電気を使わないシリカ電球
ユーバキア(だったかな?)という
 中が真空でとても薄い断熱材を使い
 しっかり冷やすことで余計な電気を使わない。
回収したTVのリサイクルの様子など
すばらしい取り組みでした。

最後に葉っぱの形の紙に
「CO2を減らすために私はなにをしたいか」という題材で
自分がこれから取り組むことを書いて
みんなでツリーに貼り付けました。

紗夢ちゃんは「水を汚さないようにする。無駄な電気はすぐけす」
紗夢ちゃんも勉強になったと思います。

夏休みのイベントはいろいろありましたが
どれも人気が高くて
なかなか予約が取れないですね

あとは「捜査ファイル ミステリーフェスティバル」
      ~別荘で何がおこったか?~

に挑戦してきました

事件現場をよく観察してスケッチをしてからいざ!
テラスに残る足跡を誰のものか特定して
友人の証言を読んでメモします
さぁ、科学捜査開始です
”なぞのしみ”と溶けた氷に
リトマス紙みたいな紙を入れて反応を見て
ハンカチについてる香水のにおいをかぎわけ
携帯の指紋をみて一致する人物を特定し
”なぞの粉”に”ヨウ素”をたらして
反応を見てコーンスターチか重曹かを見極め
(この白い粉が靴についていた人物がいた!)
ヘアブラシに残る髪の毛のDNAと友人達のDNAを照らし合わせ
文字の跡、衣服の付着物をチェックして・・・
犯人を割り出しました

結果は、なぁ~んだ!でも半分はあたりね
という感じでしたが
紗夢ちゃんと2人で
科学捜査官になった気分で楽しめました

PanasonicCenter HPへ


そのあとセンター内にある”RiSuPia リスーピア”に行きました。
名前からも分かるように
「理数の魅力、体感ミュージアム」です。

ここ、すっごくおもしろかったです

RiSuPia リスーピア

1Fのクエストギャラリーでは
展示を見て、さわって、仕組みを学びました

振り子運動
放射線の焦点
ハニカム構造
ベルヌーイの法則
圧縮空気
二項分布と正規分布
サイクロイド曲線
重心とモーメント


このように書き出すとすごいですが
実際は遊んできただけです

3F・ディスカバリーフロア
まず最初にマジカルパフォーマンスシアターをみました。

正多面体のお話で
とっても分かりやすくおもしろかったです

他にも
手の動きにあわせて音の波が変化する
       ウェーブハーモナイザー

以外の数字を打ち返す
       素数ホッケー (数が大きくなるとてんで分かりませんでした~

光の3原色を利用して絵を描く
       ライトキャンバス

スクリーンの形にならべかえるビッグタングラム

他にも楽しい理数の遊びがいっぱい

10個のサイコロを同時に振ったとき
自分の選んだサイコロが出る確率を
計算してくれるコンピュータでも遊んできました。

一人一人、PDA(携帯情報通信端末)を
首からさげて、それぞれ異なるエージェントとともに
探検していくのはとっても楽しかったです

またぜひ行きたい場所が増えました

テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育



パウンドケーキ作り☆

楽しい里帰りから帰ってきました~
色々体験したので、またのんびり記事にしていきたいと思います。
で、
今回は里帰り前に取り組んだものです


紗夢ちゃんがやりたい!というので
進研ゼミ小学講座の特別講座に申し込みをしました

「みらい科ワンダーボックス
 料理のコツはサイエンス!みらくるクッキング第一号


第一号のテーマは、”ふくらむ

「どうしてふくらむのでしょう
まずそれを学びます。

ケーキやマドレーヌを作るときには
ベーキングパウダーを使います

ケーキの生地の中には
しぼんだ風船のような空気の穴がたくさんあって
熱によってふくらみます。
ベーキングパウダーを生地に入れて焼くと
炭酸ガスが出て
この空気の穴をより大きく膨らませるので
生地そのものが大きく膨らむということだそうです。
(ベーキングパウダーは重曹に他の薬品を加えて作ったもので
 より多くの炭酸ガスを発生させるようですね)
 

「なぜ冷めた後しぼまないのか

小麦粉には”グルテン”が含まれていて
このグルテンの粘りが
膨らみを支えているから、なんですって

では、紗夢ちゃん早速とりかかります

まずは材料を用意します
グラニュー糖もベーキングパウダーもきちんと量ります。
(でもでも、甘いケーキを作りたいからって
 グラニュー糖は10g多く入れてました
パウンドケーキ材料

バターは空気が入るようにかき混ぜ
手順どおりにどんどん進めていきます

生地が完成し、付属の型に入れました
パウンドケーキ型

あとはオーブンで焼くだけよ~

焼きあがるまでの時間に
紗夢ちゃんは洗いものを済ませて・・・・

紗夢ちゃんも亜琉くんもオーブンを覗いては
膨らんできた生地に大喜び

やったぁ~できあがり~
パウンドケーキ完成

できあがりから2~3日後が食べごろとありましたが
亜琉くんが待ってられるわけがありません
(↑和菓子の時もそうだった・・・)
紗夢ちゃんも待ちきれなぁ~い!

早速アツアツを切り分けていただきました
パウンドケーキ食べる
周りはさくっと
中はしっとり~
とってもおいしい~

パウンドケーキの膨らむ秘密は
バターの中にもあるそうです
最初にバターをかき混ぜた時の注意点に
”空気を含んでクリーム状にやわらかくなるまで・・・」
とありましたが
(このバターの性質を”クリーミング性”という)
これが生地の中にたくさんの気泡をつくって
ふんわり膨らむコツなんですね
それとベーキングパウダーの炭酸ガス。

なるほど~色々勉強になります~!
ミラクルクッキングの本の中には
ケーキのほかにも
”ふくらむおかし”として
カルメ焼き・スポンジケーキ・パイ・パン
ポップコーンの秘密が書かれています。

ポップコーンはおもしろいですね
中にある水分が加熱されて水蒸気になって
周りの堅いところを破って中身がはじけているんですね

第一号では、「膨らむお菓子の秘密」が
よくわかったようです

テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育



工作マーケット☆

4月、小学3年生になったので
やっと中部電力のエルゴン友の会の会員になった紗夢ちゃん。

これは無料で
年4回会報誌が届き、いろいろなイベントに参加できます。
科学やエネルギーのふしぎや環境について
楽しく学ぼうというものです。
もちろん中部電力なので
中部地方にお住まいの方限定になっちゃいますが
きっと他の電力会社にもこのようなクラブがあるんでしょうね・・・。

そのエルゴン友の会会員限定の
「夏休み工作マーケット」に参加してきました
学研「湯本先生」のアイデアがいっぱい!

link chuden キッズワンダーランド
エルゴン友の会

CDにビー玉をつけただけの簡単コマ
書いた絵がまわるとどんな風に見えるのかな
エルゴンCDコマ

これ亜琉くんのお気に入り
大きな糸電話
糸の部分にコイルをつけておくと
なんと拡声器にみたいに大きく聞こえる
コイル部分を触ると
声の振動がよく分かります
エルゴンコイル糸電話


ペットボトルで作ったストローロケット
ペットボトルを思いっきり踏むと
空気が押し出されストローが発射~
結構良く飛びました
これは、作った後分解して元に戻しました。
エルゴンストローロケット


下から小型マッサージ器で動かしてます
エルゴンたわしが走る


これもおもしろかった
電池の下には釘と磁石がついてます。
磁石があるので釘は電池にくっつきます。
そこでこのようにアルミホイルをくっつけると~
不思議~
釘がくるくる回ります~
エルゴンモーター


フルーツ電池
レモンのようにすっぱいものは電気を通します。
キウイフルーツでは失敗。
アンパンはかすかに電気を通してました。
塩が含まれているものは電気を通すのですって
エルゴンレモン電池


これはよく見る実験 声の振動模様
洗面器に黒いゴミ袋をぴんと張って
食塩を上一面にばらまき、大声を出します。
甲高い声や、低い声を出して塩の模様を楽しみました。
子供達は
「塩がダンスしてるよぉ~」と喜んでました。
エルゴン音の伝わり方


これはママのお気に入り
玉を3個、2個目に磁石を置いて  
もう一つの玉をやさしく押すと・・・・
3つ目の玉が勢いよく飛び出していきます
この原理を使ったおもちゃをよく見ますよね。
エルゴン動力


これはCDホバークラフト
CDに両面テープで四角の醤油指しをくっつけ
真ん中に穴を開けて風船をセット。
押さえていた手を離すとCDが動き出します
風船からでた空気が流れ出して動くもので
エアーホッケーの仕組みと同じだそうです
エルゴン風船ホッケー


写真を撮るのを忘れてしまったのですが
スライムでも遊びました。
スライムの中に蹉跌(さてつ)をまぜて
大きめの磁石を横におくと
あぁ~ら不思議
スライムが動き出し磁石の壁を登っていきます~
おもしろかったですよ(^^)b

他にも風力発電をみたり
以前理科実験教室でつくったことのある浮沈子があったり
電気を利用して釣りを楽しんだり
くるくるカプセルコースターで遊んだり・・・と
もりだくさんでした。
説明してくれる学生さんたちも遊び心があって
いろいろ質問しながら楽しみました

持ち帰った作品は3つ。
あとは自分で作っては分解して元に戻してました。
エルゴン作品


亜琉くんは小学生ではないので
ゲストとして参加してましたが
CDコマをつくってもらい
カプセルレースでさんざん遊び
蹉跌と磁石でお絵かきを楽しみ
紗夢ちゃんと同じくらい楽しんでました

たくさんのおもしろ実験をみて
実際に作って、遊んで・・・と楽しい1日になりました


さて、私は10日から18日まで里帰りしてきます
みなさんも引き続きよい夏休みをお過ごしください

テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育



進研ゼミ小学講座の夏休みの付録
「自由研究」の冊子の中にあった
”すけすけぷよぷよたまごをつくろう”
紗夢ちゃんと一緒にやってみました

実験1日目
生たまごをコップに入れて、酢をそそぎます。
ぷよぷよ卵1日目
早速細かい泡がたくさんでてきました

実験2日目
こ~んなにぶくぶく
まるでカレーを作るときのあくのようです
たまごの色が移っています
ぷよぷよ卵2日目


実験3日目
なにやらたまごがでっかくなってる
ぷよぷよ卵3日目
ここで一度卵を取り出しそっと水で洗い
古い酢をすて、新しい酢を注ぎました。

実験4日目
ぷよぷよ卵3日目洗う
たまご、でかっ

測ってみると・・・・
もとの生卵は 5.8cm
ぷよぷよ卵は 7cm

実験5日目
ぷよぷよ卵完成
わぁ~黄身が透けてみえるよぉ~
手触りはまさに、ぷよぷよ~


この実験を開始した時に
お婆ちゃんが言いました
「そういえば昔たまごを酢につけて
  それを飲んだことがある!
  殻が溶けるんだよね!」

昔の人はよく知ってるなぁ~

そう!
卵の殻は溶けてしまったのです
卵の殻の主成分(炭酸カルシウム)
酢の主成分(酢酸)が反応して溶ける。
その時に二酸化炭素が発生して泡がでる


でも膜は溶けないので卵はくずれない。

ではなぜ大きくなったのか

膜には水分だけが通れる小さな穴がたくさん開いていて
水分が薄い酢から
中身の濃い卵の中に入ったということです。
膜の外と中で液体が同じ濃度になろうとして
水分が濃いほうへ浸透するためらしいです。


おもしろいですね~☆
今は自由研究を助けるためのアイデアやキットが
たくさんありますね!
100均にもそろってました!
いろいろとチャレンジしたいなぁと思います


             

7月のトールペイント教室でつくったコルクボードです

トールいるか橙
紗夢ちゃんの作品
トールいるか青
亜琉くん&ママの作品

まわりには色を塗ったパスタを飾り付けてあります。
今回も楽しかったぁ~

テーマ=家庭学習 - ジャンル=学校・教育



理科実験教室の夏季特別講座
モデルロケットを作ってとばそう」
に参加してきました

まず最初はモデルロケット作り

ビニール袋を筒にして開き
糸をつけてパラシュートを作りました。
それから胴体部分を作ります。
使われるモデルロケットエンジンは
A8-3タイプ
交換式の固形燃料で、
ロケットを飛行させ
パラシュートなどの回収装置を放出させることができます。

本格的~ワクワク

でもモデルロケットのキットは8000円ぐらいするそうで
さすが工夫して無料で行ってくれる夏期講座
胴体とノーズコーンはカレンダー。
2つをフィルムケースでつなぐ。
尾翼部分は厚紙。
接続はセロテープですが
パラシュートとロケットをつなぐのはパンツのゴム・・・。
すごく力がかかるので
テープを貼って折り返し、また貼って・・・。
これを怠ると
空中分解してしまうそうなので
テープを貼るのにも真剣です

逆噴射した時にパラシュートが燃えないようにするためには
なんと! ふ!お麩!
おふを3個いれました
すごい!!
おふなら、パラシュートを守り
落下しても鳥の餌になって環境にやさしい・・・
なんてすばらしい!感動しちゃいました

ロケットが出来上がりました

モデルロケット製作1
紗夢ちゃん&ママの共同作品。
実は亜琉くんとパパチームも作っていました。
(亜琉くんは見てるだけでしたが・・・)

外へ出てモデルロケットを発射台に載せる前に最終確認
尾翼のところに隙間がないかをチェック。
隙間があると空気の抵抗がおきてしまい
思うように飛ばないらしいです。
隙間を見つけてはセロテープでペタペタ修正。

さぁ、いよいよ発射です
申し込みが早かったので
紗夢ちゃん1番。亜琉くんは2番に発射ボタンを押しました

モデルロケット発射台
5・4・3・2・1・発射~

ロケットは煙を上げ、ピューと音を鳴らし
時速190kmで空に向かって一気に飛んでいきました
またまた感動~

モデルロケット発射

100mくらい上がったところで
ノーズコーンがはずれ
落下し始め、パラシュートが開きました
落下したモデルロケットを回収~。

やったぁ~大成功

講師の先生が
「感動しますよ!お母さん方はハンカチをご用意ください!」
と言っていた意味が分かりました

そのあとも
子供たちみんなのモデルロケットが
大空に向かって飛んでいきました

おもしろかったぁ~

モデルロケットをネットで調べてみると
結構色々な団体があったりしてびっくりしました。
また機会があったら
モデルロケットを作って打ち上げたいなぁ~

モデルロケットの詳しい仕組みを知りたい方は
こちらを覗いてみてください。
日本モデルロケット協会HP

WASA モデルロケットの製作・打ち上げ

テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育





おはなし絵本クラブ
*英語の好きな子供とママのリング*
[ もどる ][ 次へ ]
[ ランダムで移動 ][ リストを表示 ]
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。