2008.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2008.10

お勧めHPのご紹介
自分で探したサイト、お友達に教えていただいたサイト・・。我が家で役に立ってくれているサイトをまとめてみました♪(スクロールしてみてね♪)

~MENU~

★遊んで学べる学習サイト★

★遊んで学べる科学のサイト★

★宇宙のことがよく分かる★

★ネットで調べよう★

★子どもと一緒にでかけよう★

★幼児教材探すならここ★

★ネットで絵本が読める&探せるサイト★

★英語の本が買えます★

★木のおもちゃを買うならここ★

★我が家のおすすめアイテム★

フリーエリア②ということは・・・
実は①もありましてそれは非表示にしてあります
HTMLのフリーエリア①の記述部分を探し
前後にある ★削除★ という列(2箇所)を削除することで
ご使用になれます。

見た目は私のブログのINFOMATIONのところを参考にしてみてください

①か②か無しかご自由にどうぞ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



夏休みの工場見学☆

長野県の地方紙である 

信濃毎日新聞

この新聞社の製作センターを見学してきました

家族4人に、1人の方がついて下さり
センター内を詳しく案内してくれてとっても感動でした

この製作センター、すばらしかったです
設備は最新でたくさんの工業用ロボットが活躍していました。
ロールを交換するロボットも間近で見せていただきました。

1分間に2800部も印刷できるというそのスピードは驚きです
思わず、「紙詰まりしないのですか?」と聞いてみましたが
「しません」ということでした。
その秘密は、ロールの保管にもありました。
製紙工場から運ばれてきたロール紙を
一定の温度と湿度を保つ部屋で保管しているそうです。
紙に湿気が含まれたりすると
微妙に大きさが変化してしまうそうです。
そしてこれを管理するのがやっぱりコンピューター
ちゃんと保管された日付を管理し
最適なものを運び出してくれるそうです。

環境にも配慮されており、感心することばかりでした。
紗夢ちゃんも亜琉くんも興味津津。

とっても素晴らしい見学ができました。
信濃毎日新聞 長野製作センターの皆さん
ありがとうございました。



さて、次はお楽しみの

ロッテ浦和工場

「パイの実」と「コアラのマーチ」の工場を見学しました。
ベルトコンベアーにたくさんのお菓子
眺めているだけで嬉しくなっちゃいますね。

”ロッテ”の名前の由来と
それにつながるキャッチフレーズ。
なるほどなぁ~とうなづくものばかりでした

髪の毛やほこりに対しての意識がとても高く
すばらしいなと感心しました。
見学する私たちも
きちんと給食帽子のようなものをかぶり、
髪の毛が落ちないように配慮して臨みました
(家は100均で家族分用意しました)

コアラのマーチの絵の種類の多さに驚き
長年愛されている商品である理由がわかる気がしました。

ロッテ

ロッテ 浦和工場の皆さん
ほんとうにありがとうございました。

しばらく亜琉君の遊びになかに
ベルトコンベアーで運ばれるお菓子たちが登場してました
素直な反応がおもしろくて、母は満足です



亜琉くんは、いっつもいいます。
車に乗っていると
「車を作る工場へ行きたい~!」
「信号機を作る工場へ行きたい~!」

家にいても
「トイレットペーパーを作る工場もみてみたいね!」
「窓ガラスを作る工場もみたいね!」
「石鹸工場にも行きたいよぉ~!」

・・・・・・・・・

よっしゃっ~
できる限りかなえてやりたい!!
これからも夏休み・春休みには
工場見学ができるように、母はがんばります~



スポンサーサイト

テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育



第2回目となる

「こども科学工作教室」

今回は、「天体望遠鏡をつくろう!」でした

これも、子供たちだけの参加なので
私は聞けませんでしたが
最初に、星座や太陽系の惑星などについて
お話を聞いたようです

それから天体望遠鏡の組立て。
そしてできあがったのがこれ

天体望遠鏡
なかなか立派なものができました

これで、月のクレーターや
土星の輪まで見られるということなので
見てみたいと思います

家には、譲ってもらった天体望遠鏡があり
月のクレーターは見ることができました
それはきれいで、感動しました。

今度は自分の作った天体望遠鏡で
見てもらえるといいなと思います



実は我が家・・・かなへびを飼っています
私が公園で捕まえたのぉ~
パパがかなへび大好きなので、喜ぶだろうと思ったのですが、
尻尾を切らずに捕まえるのに苦労しました

案の定、パパは大喜び
毎日せっせとクモを捕まえてはあげてます
亜琉くんもおばあちゃんも一緒になってあげてます

たまに、ふとみると・・・
大きなクモをいただいたようで
口にくわえたまま飲み込めずにアグアグしているときもあったりします

そんなこんなで、それぞれが楽しんでいると
ある日!!  

卵を発見
おぉぉ~ 女の子だったんだぁ~

一番興奮しているのはおばあちゃん。
「この卵がかえったらどんなだろう??」と
盛り上がってます

パパは子供のころ、何匹もかなへびを飼っていたらしいけど
卵を見たのは初めて!

かなへびの赤ちゃんが見られるのが楽しみです
無事にかえるといいなぁ~

かなへびと卵
クリックすると拡大して、卵がよく見えます
ぜひご覧ください~



テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育



日時計☆

毎年いってる、理科実験教室の夏季特別講座
今年は
「日時計をつくろう!」
でした

まず最初に、講師の先生のお話を聞きました。

日時計とは何か?
 
知っての通り
太陽の光でできた影の位置で時刻を知ることができるものです。

影と太陽。影のでき方。影の向き。
これは小学3年生の理科の教科書にも出てきてたと思うのですが
亜琉くんには
先生の話を聞きながら
図を見て丁寧に教えてみました

日本の時刻は
東経135度の兵庫県明石市の太陽の南中を、昼の12時と決めているため
自分たちの住んでいる地域よりも少し遅いということ。

日時計では
自分たちの住んでいる地域の時間がわかるということ。

私も紗夢ちゃんも、へぇ~って感じでした。

そして、さっそく作り始めたのですが
とにかく設計図を切るのが最初の仕事です
全部切り終わったら、正確に貼り付けます。

そしてできたものがこれ

日時計1
とにかく頑張って切ってはりました

日時計2
時刻の測り方は
まず、日時計を水平な場所に置き
方位コンパスの北と日時計の”N”の方向を合せるだけ。
丸い穴をとおった太陽の光が当たる位置で日時を読み取ります。

自分の持っている時計とは少しずれてて
「これが、自分たちの地域の時間なんだぁ~」と実感できました。

一昨年は、ゲルマニウムラジオを作り
昨年は、モデルロケット。
そして今年は日時計を作りました。
来年もまた、楽しみです



先日、佐々木正美先生の講演会に行ってきました。

子どもへのまなざし子どもへのまなざし
(1998/07)
佐々木 正美

商品詳細を見る


この本を書いた方です。

親子のコミュニケーションの大切さ。
親子でコミュニケーションが取れなくては
社会に出てコミュニケーションをとることは難しいこと。

人間として、しっかりした基礎を持っていれば
挫折をしても立ち直ることができるが
勉強や結果
目に見えるものだけの自信(根拠のある自信)しか持っていなければ
立ち直ることが難しいこと。

大切な「根拠のない自信」は
主に幼児期に育てられること。

2時間にわたり
たくさんのお話を聞きました。

とっても良いお話でした。

3世代・4世代にわたる大家族の中で育つコミュニケーション。
近隣・地域の人たちとのつながりを持っていた頃の
他人とのコミュニケーション。
そしてもちろん、親と子のコミュニケーション。

どういったあり方であればいいのか
考えさせられました。

テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育





おはなし絵本クラブ
*英語の好きな子供とママのリング*
[ もどる ][ 次へ ]
[ ランダムで移動 ][ リストを表示 ]
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。