2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

お勧めHPのご紹介
自分で探したサイト、お友達に教えていただいたサイト・・。我が家で役に立ってくれているサイトをまとめてみました♪(スクロールしてみてね♪)

~MENU~

★遊んで学べる学習サイト★

★遊んで学べる科学のサイト★

★宇宙のことがよく分かる★

★ネットで調べよう★

★子どもと一緒にでかけよう★

★幼児教材探すならここ★

★ネットで絵本が読める&探せるサイト★

★英語の本が買えます★

★木のおもちゃを買うならここ★

★我が家のおすすめアイテム★

フリーエリア②ということは・・・
実は①もありましてそれは非表示にしてあります
HTMLのフリーエリア①の記述部分を探し
前後にある ★削除★ という列(2箇所)を削除することで
ご使用になれます。

見た目は私のブログのINFOMATIONのところを参考にしてみてください

①か②か無しかご自由にどうぞ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



お芝居と映画☆

土曜日、紗夢ちゃんとお芝居を見に行きました。

島崎藤村の「破壊」
破戒 (新潮文庫)破戒 (新潮文庫)
(1954/12)
島崎 藤村

商品詳細を見る

この本の主人公である「瀬川丑松」のモデルとなったといわれる
「大江磯吉」と著者の「島崎藤村」が
「破壊」の芝居の練習をしている劇団を見ながら
当時を振り返って話をするという内容のものでした。

小学校高学年からということで、
ちょっと内容的には難しいかなと思いましたが
紗夢ちゃんに「えたってなに?」と聞かれたので
昔、江戸時代に士農工商という制度があって
その下に「えた・ひにん」と呼ばれる人たちがいて
人の嫌がる仕事などをさせられていたこと。
その後、明治時代になって制度が廃止され
すべて平民になったときにも
「えた・ひにん」は“新平民”と呼ばれ
差別されたこと。
そして、私が小学生の時に
「同和問題」のことを道徳の時間に習ったことなどを
小声で教えながら、劇を鑑賞しました。

大江磯吉という人は
素晴らしい人物でした。
親や先生が押さえつけるようなことがあってはならない。
子どもの自発性を尊重するという考えの持ち主だったのですね。

良いお芝居を見ることができました。



さてさて、
ターミネーターにはまっていた亜琉くん。
次はマトリックスにはまっていました

そしていま
「ハリーポッター」にはまってます

1作目・2作目しかもっていなかったので
くり返しくり返しみていましたが
ついに、子供に甘いパパが、3作目4作目5作目・・・。
すべてそろえてくれました もちろんリサイクルショップで

3作目の、バスでロンドンへ行くシーンで大笑いし
ハリーが透明マントで雪玉を投げるシーンで大笑いし・・・
亜琉君を見ている方がおもしろいです。

なんせリサイクルショップでそろえたので
あるときには全部買わなきゃってことで
1日で3件回り、3・4・5とそろえたのですが
亜琉くんは、家に帰るやいなや
3本、一気に見ました
すごい集中力です思わず感心してしまいました。

ハリー・ポッターと賢者の石ハリー・ポッターと賢者の石
(2006/07/21)
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント 他

商品詳細を見る
ハリー・ポッターと秘密の部屋ハリー・ポッターと秘密の部屋
(2006/07/21)
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント 他

商品詳細を見る
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
(2006/07/21)
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント 他

商品詳細を見る
ハリー・ポッターと炎のゴブレットハリー・ポッターと炎のゴブレット
(2006/07/21)
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント 他

商品詳細を見る
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(1枚組)ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(1枚組)
(2007/11/21)
ダニエル・ラドクリフ

商品詳細を見る

そして、
「ターミネーターやマトリックスやハリーポッターのお話を考えた人は
  すごいねぇ~
  よくこんなお話を考えるよねぇ~」
と、やたら感心している亜琉くんなのでしたぁ~

今日も5本のDVDを並べて
どれを見ようか迷っている亜琉くん。
こんなに見ていていいのかな??と心配になりますが
興味があるうちはほっておこう・・と思ってます。
あまり見ない方が・・・・なんて言おうものなら
泣いて怒ってますし・・・ね
なるべく私も、横に並んで鑑賞するようにしています・・・。

将来、映画関係の仕事に就くのもおもしろいかもね


    亜琉くん語録     


昨日の朝、亜琉くんを幼稚園に送っていく道中
 「ねぇ~、筋肉って大きくなるの??」
と突然聞いてきました

ママ「体が大きくなると、筋肉も大きくなると思うし
   筋肉は鍛えて大きくすることもできるんだよぉ~」というと

 「そっか!シュワちゃんは鍛えてるんだ

ママ「そう!シュワちゃんはすっごく鍛えてあんなに立派な筋肉になったのよ

(そういえば、からだのふしぎ図鑑の筋肉のページに
 偶然にも若かりし頃のシュワちゃんの写真が出てたよなぁ~)

 「へぇ~! ロボットなのにね

あらっ 冗談でいっとるのかい??

 「僕も筋肉あるよ!ほらっ!」と腕を曲げてみせる・・・

ママ「毎日元気に遊んでいれば、ちゃんと筋肉が発達していくんだよ!
   でも、ネオみたいに長い間動かないと筋肉が衰えてしまうので
   ああやって、針みたいなのを筋肉に刺して
   再生してたってわけだよぉ~」

 「おお~そうなんだね!
   どうやってやってたんだろう??・・・・不思議だね。
   僕、今日もジャングルジムで遊ぼうっ

・・・・・・

いったいこの会話って・・・??
あとになって笑ってしまいました


スポンサーサイト

テーマ=子供の教育 - ジャンル=学校・教育



<<1年366日のひみつ☆ | Top | 骨の観察☆>>



島崎藤村の「破壊」,読んだことないかも~v-12
どんなお話でしたっけ・・・。(国文学部に言ったとは思えない発言ですみません)

差別についてはは教科書で習ったような気がしますが、難しい問題ですね。
昔は会社に入るにしても部落出身かどうか調べたらしいです。
日本ではそういう差別を身近に感じられることはほぼないのですが、外国では実質上の人身売買もあり痛ましいです。

小さいうちから差別はおかしいと言う感覚をつけておくのはいいことですね!
2008/02/21 09:51 URL by うっかり主婦 [ 編集] Pagetop△
「破壊」実は私も読んだことないんです~(汗)
内容は、大まかに言うと
部落出身の瀬川丑松という人物が
差別を受けても周りの方に助けられながら学問を学び
先生になり、
そこでも何度もつらい目にあいながら師範学校の先生にまでなったというお話のようです。
あるとき、尊敬する人の死を間近にし、部落出身であっても堂々と生きていこうと決意し
部落出身であることを生徒に打ち明け、学校を去っていったという場面もありました。
紗夢ちゃんに、教えたときに
ふと
知らなければ、差別することもないのでは?
とも思ったり
いやいや、やっぱり歴史の真実を正しく教えなければ…と思ったりして
ちょっと悩んじゃいました(^^)b
今後も、いろいろとお話していきたいと思います(^^)b
2008/02/22 06:11 URL by しゃらまむ(うっかり主婦さん) [ 編集] Pagetop△
おはようございます。
島崎藤村ですか、名前と「破壊」という本の名前は知ってますが私もうっかり主婦さん同様読んだことありません。
差別問題を取り上げた本なんですね。
差別を受ける側よりもする側のような心の貧しい人にはどうぞなってくれるなと子供たちには願うものの、それをどう教えていけばいいのだろうと考えさせられました。

私もハリポタ見てます。
時間があるときに何度も(笑)
私は、1,2のダンブルドアが大好きで3からのダンブルドアに違和感を感じてるんですが、それでも見ちゃうくらい好きだったりします。
亜琉君と気持を共有できそうなので、一緒にみたい~(><)
2008/02/23 23:10 URL by ごま [ 編集] Pagetop△
おはようございます(^^)
あははっ(^^;私も読んだことがなかったので
とっても勉強になりました~。
差別問題って難しいですね。
人間はみな同じ、平等だと子供たちにも教えていきたいし
私自身も学んでいきたいです。

そう思ってたんだぁ~☆
絶対ごまさんと亜琉くんが、一緒にハリポタみたら盛り上がりそうよ~(^^)
最近の亜琉くんは、特に3作目がお気に入り(^^)b
(さんざん、1・2作目を見てたんですが・・・)
時間を戻すところやパトローナムを呼んでくれたのが
ハリーだったところがおもしろいらしいです(^^)
ハリーってすごいねぇ~と興奮気味ですもの☆
あと、最初に乗ったバスのシーンでいつも大笑い(^^)b
それから自分で杖を作ってふってたりします(^^)b
ごまさんと一緒に見たら、きっとハリポタ談義に花が咲くでしょう(^^)
私も、すっごく面白いと思いながら一緒に何度も見てます(^^)v
2008/02/25 06:00 URL by しゃらまむ [ 編集] Pagetop△
ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://sharamom.blog25.fc2.com/tb.php/281-2a7a7866
» FC2blog user only
おはなし絵本クラブ
*英語の好きな子供とママのリング*
[ もどる ][ 次へ ]
[ ランダムで移動 ][ リストを表示 ]
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。