2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05

お勧めHPのご紹介
自分で探したサイト、お友達に教えていただいたサイト・・。我が家で役に立ってくれているサイトをまとめてみました♪(スクロールしてみてね♪)

~MENU~

★遊んで学べる学習サイト★

★遊んで学べる科学のサイト★

★宇宙のことがよく分かる★

★ネットで調べよう★

★子どもと一緒にでかけよう★

★幼児教材探すならここ★

★ネットで絵本が読める&探せるサイト★

★英語の本が買えます★

★木のおもちゃを買うならここ★

★我が家のおすすめアイテム★

フリーエリア②ということは・・・
実は①もありましてそれは非表示にしてあります
HTMLのフリーエリア①の記述部分を探し
前後にある ★削除★ という列(2箇所)を削除することで
ご使用になれます。

見た目は私のブログのINFOMATIONのところを参考にしてみてください

①か②か無しかご自由にどうぞ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



産婦人科医確保の署名

今日、紗夢ちゃんの学校から配られたプリントの中に
「産婦人科医・小児科医を確保するための署名のお願い」
がありました。

実は私の住んでいる地域では深刻です。
近々3つの産婦人科が閉院する予定です。
全国のニュースでも取り上げられていたので
私の地域だけではないのでしょう。

一つは中くらいの病院で、2人いた産婦人科医が1人になり、
産婦人科を中止せざるを得ないとのことです。
あとの2つは個人の産院で、
高齢と危険な赤ちゃんを助けられるだけの設備がないことが
主な理由だそうです。

最近は小児医療が発達し、危険な状態で生まれた赤ちゃんでも
助かる可能性が高くなっています。
それは大変喜ばしいことなのですが
その結果、小さな産婦人科医の医師は
母親と赤ちゃん二人の命をあづかる重圧に耐え切れなくなった
とニュースで聞きました。
万が一命を落とすようなことがあれば
訴えられてしまうからだそうです。

それから今日夕方のニュースでも取り上げられていましたが
小児科医も減少しているのですね。
ある小児科医は、最近流行のインフルエンザの影響もあり
18時間労働だそうです。寝る時間もないですね。
子どもは自分で症状を上手く伝えられないので
やはりお医者さんが頼りだとおもいます。

親としては、なんとしてでも子どもを助けたい。
しかし、どうしたらいいのか?
とても考えさせられる問題ですが
いくら考えてもどうどうめぐりで、結論が出ません。

とにかくすぐにプリントに署名をしました。
もちろん祖父母にもお願いしました。
どうか子どもたちの未来が輝かしいものになりますように。
スポンサーサイト

テーマ=親の思い・願い - ジャンル=育児



<<Would you like~? | Top | こま♪毎日50回>>



おはようございます♪
深刻な問題ですよね。
うちは、既に子供が大きいので、今は小児科にかかることはありませんが、、小さい頃はしょっちゅうお世話になっていました。子供は突然、体調を崩すので、近くにかかりつけの病院がないと、心配ですよね。
少子化対策の一環として、政府にはこういった現状の支援もきちんとして欲しいと思います。
少子化対策というけれど「子どもたちの未来が輝かしいものになること」が絶対条件ですよね!
2006/02/17 08:45 URL by yumin [ 編集] Pagetop△
本当に深刻な問題ですね。
紗夢ちゃんがインフルエンザのときは
小児科医院の待合室はあふれるほどでした。
どちらの苦しみも解るだけに、どうしたらよいのか?
少子化対策・・・安心して子どもを産み育てていける
社会になるといいですね♪


2006/02/17 10:28 URL by しゃらまむ(yuminさん) [ 編集] Pagetop△
夕方のニュースの小児科医のこと、私も見ました。
本当に深刻ですよね。
シオを出産した病院は小児科もあって、生まれたときからそこにかかっていたのですが、
半年ほど前から先生の体調の都合で、週に2回(それも午前中)だけとなってしまいました。
夜間の救急は運良く家の近所にあるので安心ですが、
そこも遠方から来られる方が多いようです。

本当に子供も安心して育てられる環境を望みますi-265
2006/02/17 13:27 URL by poku [ 編集] Pagetop△
私が出産した病院は、小児科医が一人になってしまい
同じように週3回午前中だけになっているそうです。
確かにいい病院があれば、助けられる命があると
親なら誰だって思いますよね。

安心して子どもを育てられる環境を、私も心から願います。
2006/02/17 14:32 URL by しゃらまむ(pokuさん) [ 編集] Pagetop△
難しい問題ですね。身近にお婆ちゃんの知恵を授けてもらえるような環境にない昨今では、ちょっとした事でも病院に頼りたくなるものなんでしょうが、風邪かなというときにいきなり大学病院に行く人などいないのと同じで、ホームドクターとして女性の健康作りの相談相手のような位置づけで産科でなく婦人科の面で生き残れないものでしょうか。最新の機械がある大きな病院でないと不安という人ばかりでは無理ですが。私個人としては、3分診療にならざるを得ない大きな病院よりも質問をいろいろとしやすい小規模な病院の方が好きなんですけどね。
子供だと投与する薬も少ないので、結果として小児科医は稼げないということで、なり手も減っているという記事を読んだことがあります。投与する薬が多いほど儲けが出るというシステムが嫌ですね。将来を担う子供の健康ですよ、小児科の抱える問題は皆(政治家の方は特に)で真剣に考えなければなりませんね。
2006/02/18 15:12 URL by かかくり9年 [ 編集] Pagetop△
そうですね。婦人科だけでも続けてくれればいいのですが
どうなるのでしょう?
この署名で何かを変えられたらいいのですが・・・。

高齢化社会で、
高齢者をケアする仕事はどんどん増えているというのに
(もちろん、高齢者のケアは大切です)
子どもの医療に不安があるようでは、
やはり親として残念なことです。
真剣に考えなければならない問題だと私も思います。
2006/02/18 17:28 URL by しゃらまむ(かかくり9年さん) [ 編集] Pagetop△
ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://sharamom.blog25.fc2.com/tb.php/75-49d1e6dc
» FC2blog user only
おはなし絵本クラブ
*英語の好きな子供とママのリング*
[ もどる ][ 次へ ]
[ ランダムで移動 ][ リストを表示 ]
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。